ABEJA Arts Blog

ABEJAが追求する「テクノプレナーシップ」。その精神を体現する感性、技術、人を発信していきます。

Corporate

メンバーと社長が対話した。ABEJAの掲げる「テクノプレナーシップ」って?

遠い存在にもみえる「テクノロジー」と「リベラルアーツ」をかけあわせた意味は?ABEJAが掲げる「テクノプレナーシップ」という言葉の意味をめぐり、社長とメンバーが改めて対話しました。

この「杖」で、社会を変えたい 創業までの軌跡(下)

2011年11月、岡田陽介(以下、岡田)は当時勤務していた企業の派遣で、米シリコンバレー・パロアルトに着任した。「新規事業の開拓」がミッションだったが、思いもよらないところで、ディープラーニングというAIの新しい可能性に出会う。 岡田)到着して最初…

「失敗」発「聖地」行き ABEJA創業までの軌跡(中)

大学在学中の2009年、岡田陽介は友人と2人でインスタグラムのような画像共有サービスの会社を起こした。スマートフォンの普及とともに、従来の通信規格より圧倒的に高速の「LTE回線」が急速に拡大していたころである。その可能性を見込んでのビジネスだった…

それは小学校の教室から始まった ABEJA創業までの軌跡(上)

「ゆたかな世界を、実装する」を掲げるABEJAを創業した岡田陽介。創業までの道のりを、本人が語った。 岡田陽介 1999年。この年、日本の学校の情報教育は大きく転換した。前年の98年に改訂された学習指導要領で、小学校での「積極的な情報機器の活用」が謳わ…

なぜABEJAが存在するのか

いま、世界で何が起きているのか 世界は、変革期を迎えています。 人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ビッグデータを軸とする「第4次産業革命」によって、経済発展と社会的課題の両方の解決を目指す未来「Society5.0」が喧伝されるようになりま…

ABEJAのテクノプレナーシップ

テクノプレナーシップとは テクノプレナーシップ(technopreneurship)とは、テクノロジーを使ってビジネスにイノベーションをもたらす新しいタイプの起業家精神のことです。オックスフォード辞典によると、テクノプレナー(technopreneur)はテクノロジー(…

ABEJAが描く世界観

ABEJAでは、次のような世界観や使命を掲げ、メンバー全員が日々活動をしています。 Tagline:「ゆたかな世界を、実装する」 我々が目指す世界を表現しています。ABEJAの最先端のテクノロジーをベースに、イノベーションの創出を促進し、社会全体にその恩恵を…